模試の考え方

|勉強一般

公立中学は中間テストの時期ですが、中3生にとっては模試の時期でもあります。

当塾では「兵庫V模試」を利用していますが、基本的には外部受験をしてもらっています。

「初めての場所で知らない人と一緒に問題を解く」というこの上ない受験のシミュレーションができるからです。

また、経験則だけで志望校を考えることを避けることができます。

問題を解いて判定をもらうことだけが模試の意義ではありません。

以前も同じような記事を書いたのでリンク貼っておきます。概ね模試への考え方に変化はありません。

 

一方で高校生の模試ですが、学校で「進研模試」を受けたと最近結果を持ってきてくれます。

ですが、ハッキリ言ってしまうとこの模試は「ほとんどの高校生には参考にならない」模試です。

理由は「模試の形式・難易度と受験問題のそれが一致していないことが多いから」です。

例えばこの模試は国・数・英ともに記述の問題が多く含まれています。例えば国語なら「80字でまとめよ」とか、英語なら英作文とか。数学も記述させる問題がほとんどです。

ところが記述が必要な問題が出題されるのは、いわゆる「難関大」特に国公立がほとんどです。関西の私立で言えば、関関同立の一部の問題に記述形式が見られますが、産近甲龍も含めたほとんどの大学の入試問題はマーク形式です。形式だけでなく、難易度も「難関国立大の入試問題」が一番近いです。

形式も難易度も全く違う模試が、果たして参考になるでしょうか?

「難関国公(近隣で言えば神大以上)を目指している学生」が参考になる部分もある、くらいの模試です。公立高校の生徒であれば、ほとんどの人が手も足も出ないのが現状です。

だからあかんというわけでは断じてなく、キチンと大学入試の本質を理解しているかが最重要です。

中学の時の高校受験のように

・みんなで同じ問題を受けるのではありません。行きたい大学によって問題の難易度・形式が異なります。

・「模試でE判定だから厳しい」とかでは決してありません。まずは志望校を決めて過去問を見ましょう。

高校生の模試についての結論は、「オープン模試がない大学は、過去問を解いて合格最低点が取れるかどうか」が基準になります。

 

一口に「模試」と言っても中学高校で考える要素は全く異なります。

何事もそうですが、「なぜ模試を受けるのか」「なぜその勉強をするのか」といった本質を捉えることが重要です。