Q.どのように授業をするのですか?

A.

・小中学生

基本は「講師1: 生徒3」の人数で授業を行います(スタンダードコース)。

ある程度自分で問題を進められる学力のある方は集団個別の「アクティブコース」も受講していただけます(中学生のみ)。

 

公立高校志望の中学生は「学校の進度に沿って」学習を進めていきます。

定期テストで良い点が取れれば成績(内申点)UPにつながり、志望校合格に近づくからです。

中高一貫などの私立中学に通われている方は、基本は学校の進度に合わせながら、大学受験用の勉強を見据えて体系的に学習を進めていきます。

 

・高校生

「ブロードバンド予備校」の映像授業を中心に各々で必要な科目を受講していただきます。個別指導と併用できる「ハイブリッドコース」もございます。

また、授業だけでなく「大学の種類」「学部の違い」「受験用の参考書・問題集」「学習計画」など大学受験に必要な知識を随時提供し、「総合的に大学受験をサポートする」コースです。

勉強や受験についての質問は随時受け付けています。

 

Q.先生によって授業の進め方が違いませんか?

A.

授業の進め方は講師間で統一しておりますので、違いはありません。

また、生徒の進捗状況・理解度を参考に、その日の授業内容を教室長が事前に決めた上で授業を行っています。

個別指導塾でありがちな「先生によって当たりハズレが激しい」ということはございません。

最も、ベースの部分は同じでも「個別指導」なので、生徒それぞれの理解度に応じて「反復演習」・「応用演習」と内容を変えて授業します。

 

Q.質問するのが苦手なのですが?

A.

全く心配はございません。

生徒の手が止まっていれば、こちらから話しかけて説明します。

 

Q.模試や入試対策はありますか?

.

・模試について

公立高校志望の中3生には「兵庫V模試」の案内を出しています。

夏期講習が終わった秋以降に受験していただくようお勧めしています。

また、2月には弊社独自の「兵庫進学模試」もございます。

他の学年の方も申し出ていただければ受験できますが、あまりお勧めはしていません。

いたずらに模試を受けるよりも、今習っている分野をきちんと理解し、定期テストで良い点を取ることが公立高校合格につながるからです。

 

高校生は受験モデルによって必要な模試が異なるので(記述模試・マーク模試など)、個々人と話し合いながら受験する模試を決めていきます。

 

 

・入試対策について

毎年13月に中3生を対象に「過去問演習」・「分野別対策」などの入試対策を行います。

3生は受験モデルによりますが「センター試験対策講座」・「大学別対策講座」などを受講していただけます。

 

Q.自習スペースはありますか?

A.

あります。

現状、いっぱいで使えないということはほとんどないのですが、確実に確保したい方のために予約表も設けています。予約がない場合は先着順で使用していただきます。

 

Q.定員はありますか?

A.

最大50名です。

ただし、当塾が提供する授業などのサービスの質が低下すると判断した場合には、50名よりも少ない人数で締め切らせていただく場合もございます。